その場の空間を切り取る、写真の新しい楽しみ方。「RICOH THETA SC」レビュー!



 360°の写真を簡単に撮ることが出来る、全天球カメラ「RICOH THETA SC」を購入したのでご紹介します!

 時代とともに写真の楽しみ方は変化し、スマホの普及によって流行しているインスタグラムを始め、最近ではレトロな写真が撮れることから「チェキ」や「写ルンです」など、昔ブームになったものがまた再燃しつつあるようです。




THETAとは?



 そんな中、空間を写真に収める新しい楽しみ方を提案しているのが、このRICOH THETA。2013年に初代が発売されてから年々マイナーチェンジがなされ、現在のTHETA SCに至ります。今年には4K動画に対応した新モデルがお目見えする予定。

 表と裏にあるレンズでそれぞれ180°の写真を撮り、それそれを処理することで360°の写真が撮れるというわけ。



箱・付属品


至ってシンプルな箱。高級感はさほど無い


付属品(説明書・付属ケース・充電ケーブル・THETA本体)




外観


電源ボタン・Wi-Fiボタン・写真↔動画切り替えボタン

 主なボタンはこれだけで誰でも使いやすいと思います。魚眼のごとく出っ張ったレンズゆえに、机とかに置くだけでもそのうち傷ついてしまうかもしれません。

 なので持ち運ぶときにも付属の保護ケースを使うことになるのですが、これではサッと取り出して撮影できるメリットが薄れてしまいます。保護するかしないか迷うところ。


グリップしやすい細身のボディ

底面には充電・同期用のmicroUSB端子と三脚用の穴





スマホ用アプリ「THETA S」「THETA+」



 THETAとスマートフォンを繋ぎ、より便利に面白くするのが「THETA S・THETA+」。この他にもビデオを編集する「THETA+ Video」があります。

 ストアで検索すると「THETA」というアプリもあるのですが、こちらは以前のモデル向けのもの。THETA SCの場合は「THETA S」を使います。




 「THETA S」はWi-Fiを介したリモート撮影や、THETA内の画像をスマホ側に取り込んだりするためのアプリ。画像の転送速度もあまりストレスを感じることはありませんでした。

 基本的に撮影はオートで行うのですが、マニュアル撮影ではISO感度・WB・シャッタースピードをそれぞれ設定することが出来ます。

 手で持って撮影すると自分の指がどうしても画像に入ってしまい、少し気味の悪い写真になってしまうので、キレイに写真を撮りたい場面では三脚を利用するかリモート撮影が便利。ただ、電波は弱いみたいで、あまり離れすぎると失敗します。




 「THETA+」アプリではタイムラプス動画の作成や、撮影した写真にエフェクトを掛けたりスタンプや文字を挿入することが可能。




「リトルプラネット」のビューを選択するとこのような画像に。他にも「ミラーボール・フラット・ストレート」があります。
 例えばクラスや部活動の集合写真としてTHETAで撮影し、リトルプラネットで書き出して見ると面白いかも。アイコンとしても使えそう。




作例


Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA


Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

 実際に撮影してみたものをちょっとだけ。



PlayStation VRを使えば写真に入り込める!



 360度の写真が撮れるTHETAはVRとの相性もバッチリで、PlayStation VRを通して写真や動画の中に入り込むことが出来ます。

 旅行に行って撮った写真を、帰って家族や友達に見せることってありますよね。テレビやスマホなど平面なディスプレイで単にキレイな写真を見せるのももちろん良いことです。ただ風景や観光地など、見た時に感動したものをそのまま他の人に体感してもらうという、これまでにない全く新しい体験がこの組み合わせで実現します。

 接続方法についてはこちらの公式ページに記載されていますので、両方持っている方はぜひやってみて下さい。→RICOH THETA 内の静止画/動画をPlayStation VRで見る方法



LINEが360度画像に対応し共有が簡単に!



 LINEが全天球カメラで撮った写真に対応し、今までより簡単に他の人に共有できるようになりました。

 手順としては

  • 「THETA S」アプリを通して、撮った人のスマホに保存
  • LINEを開き、トークルームの「+」から360度写真を選択

 たったこれだけ。

 わざわざTHETAアプリを入れてもらわなくても見ることが出来るようになったので、とっても簡単になりました。




 とにかく本体が軽量なので旅行にも手軽に持っていけますし、これ1台あったら色々なところで写真撮りたくなりますよ、きっと。


コメントを投稿